会話中の否定は悪い印象を与える。会話の基本は同調と共感

【名言・言葉】人生の中で見つけた大切なことをまとめたブログ

当ブログをご閲覧そしてコメント・メールをいただきありがとうございます!!とても意見感想は励みになります(^^)
これからも思いついたこと・気づきをどんどんあげていきたいと思います!
毎週日曜日には新しい記事を更新しますのでどうぞご閲覧ください(^^)。
※日曜日できないときは月曜日にアップする予定です(^^)
これからも当ブログをよろしくお願いいたします!

会話中の否定は悪い印象を与える。会話の基本は同調と共感

読了までの目安時間:約 3分

 

 

 

こんにちは、ココロです!!

 

今日は「会話中の否定」についてつぶやいていきます!

 

 

 

 

 

 
「これはよくない」「それは違う」と人が話している内容を否定してしまうと、

 

相手のことを悪く言ってしまうことが多いように思います。

 

 

 

 

 
否定とはダメだしをすること。

 

 

 

 

 

 

自分の事ならまだしも、相手の事やいいと言っているものを

 

否定してしまうと、あまりいい気分がしないものだと思います。

 

 

 

 
人とのコミュニケーションをとるときに

 

相手が求めているものは、主に同調や共感だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

自分がいいと思って話していることに対して否定されるよりも、

 

「なるほど」とか「分かる分かる」と聞いてくれた方が

 

話す方も楽しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

会話中に否定はいらない。相手は否定を求めていない。

 

求められていないものを出す必要のはよくない。マイナス。

 

 

 

 

 
相手が意見を聞いてきたときだけに、否定が必要であれば

 

少し出すくらいの方がいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 
会話の基本は興味を持って聞くこと、そして同調と共感。

 

自分の意見は置いておいて、相手の意見は尊重して聞こう!

 

 

 

 

tubuyakicomment

 

つぶやき集№261~270    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
FXトレードネットクチコミ情報