貧乏と金持ちはどちらが幸せか?

【名言・言葉】人生の中で見つけた大切なことをまとめたブログ

当ブログをご閲覧そしてコメント・メールをいただきありがとうございます!!とても意見感想は励みになります(^^)
これからも思いついたこと・気づきをどんどんあげていきたいと思います!
毎週日曜日には新しい記事を更新しますのでどうぞご閲覧ください(^^)。
※日曜日できないときは月曜日にアップする予定です(^^)
これからも当ブログをよろしくお願いいたします!

貧乏と金持ちはどちらが幸せか?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

こんにちは、ココロです。

 

貧乏と金持ちってあなたはどちらが幸せだと思いますか?

 

お金がある・ないで考えると、金持ちになりますが、

 

お金があることがぜったいの幸せとは限らないと思います。

 

 

 

 

 

 
ちょっと比較してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

高いブランド品の服を着て、おいしい料理を毎日食べて、

 

資産家の人たちとしゃべって過ごすセレブ。(あくまで想像です。)

 

それに対して、ユニクロの服を着て、

 

スーパーの50%OFFシールが貼られた弁当を食べて

 

友達と貧乏トークをして過ごす一般人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豪華な暮らしが私の幸せだと言い切る人たちは上の暮らしが幸せだと思いますが、

 

個人的に私が思うのは、どちらも変わらないと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 
いい服を着て、いい食べ物を食べてといったお金がかかるものを

 

着たり食べたりすることが幸せなんじゃなくて、

 

その手に入れたものに対して自分が満足しているか?不満はないか?が大事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 
ユニクロの服を着てるから、不幸せなんてことはまったくありません。

 

スーパーの50%OFFの弁当でもおいしいと思えば、それは幸せだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 
なので、貧乏も金持ちもどちらが幸せかというと

 

お金があるなしはそんなに関係ないと思います。

 

 

 

 
お金は生活できるくらいのお金さえあれば大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 
幸せの量を決めるのは、自分が幸せと感じれることができるかということと、

 

幸せを自分の手で動いて作ることができるかどうかだと私は思います。

 

 

 

 

 

 

 

 
幸せだと思う自分のボーダーラインはできるだけ低い方がいいです。

 

低ければ低いほど、多くの幸せを感じることができます。

 

今幸せを感じれていないな~という人は、

 

自分が幸せだと考えるボーダーラインが高いんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
そんな時は低く低く、ちょっとしたことでも普通じゃないんです。

 

誰かが何かをやってくれること。自分がやっていることがうまくいったこと。

 

どんなことでも、どんな小さいことでも普通じゃないんです。

 

ひとつひとつの起こる嬉しいことに感謝すれば、幸せはいっぱい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貧乏もお金持ちも幸せをつかむうえでは関係がない。

 

大事なのは、自分が幸せだと思えるか、幸せと受け取ることができるかということ。

 

 

 

 

 

 

tubuyakicomment

 

●貧乏と金持ちはどちらが幸せ? つぶやき集№281~290    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: