自分の限界を決めるのは自分自身。まだできると思うのも自分自身

【名言・言葉】人生の中で見つけた大切なことをまとめたブログ

当ブログをご閲覧そしてコメント・メールをいただきありがとうございます!!とても意見感想は励みになります(^^)
これからも思いついたこと・気づきをどんどんあげていきたいと思います!
毎週日曜日には新しい記事を更新しますのでどうぞご閲覧ください(^^)。
※日曜日できないときは月曜日にアップする予定です(^^)
これからも当ブログをよろしくお願いいたします!

自分の限界を決めるのは自分自身。まだできると思うのも自分自身

読了までの目安時間:約 7分

 

 

 

こんにちはココロです。

 

今日は「自分の限界」についてつぶやいてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

もうできない。もうこれ以上はしんどい。もうダメだ・・・。

 

もうこれ以上は限界。。。

 

達成感がピーク、しんどさがピーク、無力感がピークになると

 

もうこれ以上は・・・と自分自身の限界を感じてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえ普段ポジティブであったとしても、

 

しんどさ、現在の状況からして、戦うこと自体が無理だと思うと

 

ネガティブの感情が湧いてきて、もうダメだ。

 

ダメかもしれないと思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメだと思ってしまったら終りなんです。試合終了なんです。

 

ダメだと思ったら、解決する為の行動ができなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

他に方法があるのでは?

 

まだ頑張ればいけるのでは?

 

もう一回やってみたら、立ち上がってみたら?

 

誰かに助けを頼んでみたら?

 

 

 

 

 

 

 

 
わたしの場合は、しんどくなったら、

 

いつもスラムダンクの安西先生のコトバを思い出します。

 

 

 

 

 

 
「最後まで・・・」

 

「希望を捨てちゃいかん」

 

「あきらめたらそこで試合終了だよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしがスラムダンク好きということもありますが、

 

この3言は、すごく大事なことです。

 

 

 

 

 

 
自分がやりたいこと。頑張ろうと思っていることは、

 

まずはやりつづけます。絶対勝ってやる!絶対うまくいってやる!

 

 

 

 

 

 

 
最初は順調でもどこかで大きな壁に立ちはだかるときがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その壁に流されるまま押しつぶされるか、

 

もがいて壁を回避したり、壁を取り超えてみたり、壁を壊してみたり、

 

いろんな秘策があるはずです。

 

 

 

 

 

 

 
どんな時でもあきらめずに立ち向かっていけばうまくいくかもしれない。

 

いい案が思い浮かぶかもしれない。キセキが起こるかもしれない。

 

 

 

 

 

 
あきらめた時点で、うまくいくこともないし、

 

いい案も思い浮かんでも遅かったり、キセキだって起こらない。

 

時間の許す限りもがいて、立ち向かえばきっとうまくいく。

 

 

 

 

 

 

 
自分の限界を自分で決めつけない。

 

自分一人でうまくいかないのなら、誰かと助け合ってやってみる。

 

きっと手はある。まだできる!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は「自分の限界」についてつぶやいてみました。

 

一意見なので、あまり気にしないでください。

 

何か意見・感想などありましたら、コメントお願いします~\(◎o◎)/!

 

 

 

 

 

 

tubuyakicomment

 

つぶやき集№291~300 自分の限界を決めるのは誰かではなく自分自身    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: