【雑学・豆知識】スパゲティとパスタの違い

【名言・言葉】人生の中で見つけた大切なことをまとめたブログ

当ブログをご閲覧そしてコメント・メールをいただきありがとうございます!!とても意見感想は励みになります(^^)
これからも思いついたこと・気づきをどんどんあげていきたいと思います!
毎週日曜日には新しい記事を更新しますのでどうぞご閲覧ください(^^)。
※日曜日できないときは月曜日にアップする予定です(^^)
これからも当ブログをよろしくお願いいたします!

【雑学・豆知識】スパゲティとパスタの違い

読了までの目安時間:約 5分

 

スパゲティとパスタの違い

 

 

 

こんにちは、ココロです。

 

今日は日常生活で浮かんだ疑問についてです。

 

 

 

 

 

 
先日パスタのお店にご飯を食べに行ったのですが、

 

普通にメニュー表からパスタセットの注文をしてから

 

ふと思ったことがあります。

 

 

 

 

 

 
そういや最近スパゲティの名前を聞かないな~と。

 

昔はパスタではなく、スパゲティの名前ばかりをよく聞いていた

 

気がします。

 

 

 

 

 

 
今まで考えたこともなかったけど、

 

スパゲティとパスタの違いを調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一言で言ってしまえば、

 

パスタはイタリアの麺類をまとめたもの。

 

 

 

 

 

 

 

スパゲティは細長い、管状ではないパスタのこと。

 

要は、パスタの中の一種類がスパゲティということになります。

 

 

 

 

 

 
自分自身調べていて「へぇ~」って思いました(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 
もう少し具体的に書くと、

 

パスタは、小麦粉から練って作るイタリアの麺類の総称のこと。

 

マカロニ・ラビオリ・ラザニア・カペリーニ・リングイネ・スパゲティなど

 

すべてがパスタの中の一部になります。

 

 

 

 

 

 

 

 
スパゲティは、イタリアの麺類の中でも、1.8mm以上の麺のことを

 

指します。1.6mm以下の麺だとスパゲティーニ。

 

そうめんのように細いものだとカペリーニといいます。

 

日本のきしめんのように幅の広い平らな麺はフィットチーネといいます。

 

 

 

 

pasta_spaghetti

↑↑ スパゲティのイメージ

 

 

 

 

フェットチーネ・タリアテッレ

↑↑ フェットチーネ・タリアテッレのイメージ

 

 

マカロニ

↑↑ マカロニのイメージ

 

 

 

 

 

最近パスタという言葉を聞くことが多くなったのは、

 

昔に比べて、イタリアの麺類が日本で普及して多くなったため

 

ということになります。

 

 

 

 

 

 
イタリアン系の飲食店が以前と比べると格段に増えているので、

 

パスタとスパゲティの違いがいまいちわからない場合は、

 

全体の総称のパスタと言っておけば間違いないようです(^_^;)

 

 

 

雑学・豆知識    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: