【名言・自分探し】人生で見つけた大切なことをコラム・ポエムテイストでつぶやくブログ

【名言・言葉】人生の中で見つけた大切なことをまとめたブログ

当ブログをご閲覧そしてコメント・メールをいただきありがとうございます!!とても意見感想は励みになります(^^)
これからも思いついたこと・気づきをどんどんあげていきたいと思います!
毎週日曜日には新しい記事を更新しますのでどうぞご閲覧ください(^^)。
※日曜日できないときは月曜日にアップする予定です(^^)
これからも当ブログをよろしくお願いいたします!

期待はしてもしなくても結果は変わらない。期待を叶える行動が大事

読了までの目安時間:約 7分

 

期待をかなえる行動が大事

 

 

期待って普段よくしてしまいませんか?

 

 

 

きっとこうなるだろう、こうなったらいいな~と

 

ただ期待しているだけのことが今まで僕自身多かったです。

 

 

 

 

小さな願望~大きな願望までいろんなものがありますが、

 

期待すればするほどに、うまくいかないことも多くそのたびに落ち込んでいました。

 

 

 
でも最近気づきました。

 

期待はしてもしなくても結果は変わらないこと。

 

期待する前にできることがあること。

 

 

 

 
今回は「期待」を持つということについて考えてみました。

 

 

 

 

 

 

期待とは、持った時点では100%叶うかどうかはわからないものです。

 

叶うかもしれない。きっと叶うと予測して考えてしまうのが期待です。

 

1%も叶う確率がないものはほとんど期待をもつことはないと思います。

 

 

 

 

 

例えば1%しか叶う確率がないのに絶対いけるいけると100%分の気持ちで期待してしまうと、

 

ダメだった場合に99%の挫折が待っているように思います。

 

 

 

 

 

そもそも1%の叶う確率で100%の期待をする前に

 

その1%の叶う確率を2%、3%、10%と増やしていくことができれば、

 

期待していたことを叶えることにどんどん近づいていくことができると思います。

 

 

 

 
叶えたい確率を増やしていくには、努力・投資・時間といった行動が必要不可欠だと思います。

 

 

 

 

 

行動した分だけ成功させたい確率は増やすことができます。

 

叶えたいものによりけりで、99%くらいまで成功確率をあげることができるものもあれば、

 

どんなに集中して時間をかけて行動しても10%~20%くらいまでしか

 

成功する確率が改善しないものだってあると思います。

 

 

 

 

 
願望をかなえるために調べたり・行動したり・お願いしたりすることによって、

 

限りなく叶えたい夢に近づけることができます。

 

 

 
ただただ期待するというのは、他力本願にすぎません。

 

期待も行動をすれば近づけることができます。

 

 

 

 
だから期待をする前にまずは、一生懸命叶えたいということに対しての

 

挑戦・行動ができたかどうかが大事だと思います。

 

 

 

 
1つ1つの叶えたいものによって行動する内容もさまざまです。

 

すぐできるものもあれば、すごく時間がかかるもの、お金がかかるもの、リスクがかかるもの。

 

いろんなものがあると思いますが、

 

大切なのは、どれだけその夢を叶えたいか?だと思います。

 

どうしても叶えたいものについては、それだけのリスクも必要だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

期待は待つものじゃない。叶えるために事前行動ができるものも多いです。

 

もちろん行動をしたからといって全部うまくいくとは限らないけど、

 

きちんとゴールを見て、それに必要な物・ことを考えて実施していけば

 

今よりうんとゴールは近くなる。

 

 

 

 

 

 

やるだけのことをしっかりやって、あとはどっしり構えていればいい。

 

うまくいってもうまくいかなくても。

 

成功すれば嬉しいし、失敗すれば残念。

 

失敗であれば真摯に受け止めて、これからの行動を考えていけばいい。

 

 

 

 

 

 

期待は2の次。期待する前に。期待する暇があったら

 

まずは願望を叶えるための行動することが大事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

tubuyakicomment

 

タグ :

つぶやき集№141~150    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: